成人予防・歯周病治療

なぜ予防が大切なのか?

なぜ予防が大切なのか?

歯みがき粉などのテレビCMや広告で、「予防」という言葉を以前よりよく目にするようになりましたよね。これは、歯科医療先進国に後れを取っていた日本において「治療はもとより、予防が大切だ」ということが、ようやく広まり始めたためです。

なぜ予防が大切なのか?

虫歯や歯周病は、従来のように「トラブルが起こってから治療をする」という形では、歯や歯ぐきを守ることができません。ならないように未然に防ぐことでしか、お口の健康は維持できないのです。

世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」の予防では、治療を不要にし、生涯自分の歯で生きていくための診療を行っています。お口の健康=明るい未来は、「予防」で手に入れられる時代です。当院の予防処置で、虫歯・歯周病の予防に取り組みましょう。

日本は出遅れている!?
~海外との予防意識の違い~

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  スウェーデンスウェーデン アメリカアメリカ イギリスイギリス 日本日本
定期検診の
受診率
約90% 約80% 約70% 約2%
80歳時点における
平均残存歯数
約20本 約17本 約15本 約8本

予防に欠かせないのが、定期検診です。これは、先進国における定期検診の受診率と、80歳時点における平均残存歯数を表にしたものです。

日本は出遅れている!?~海外との予防意識の違い~

予防意識がかねてから根づいている歯科先進国・スウェーデンでは、多くの方が定期検診に通っています。それに対し予防に対する理解がまだ低い日本では、定期検診の受診率はまだまだ低いのが現状です。そしてその差は、年齢を重ねてからの残存歯数に顕著に表れています。

しかし近年、ようやく日本でも予防の大切さが見直されつつあります。自分の歯を長く残したいのは、どこの国でも同じことです。気づいたときから、定期検診の受診を始めましょう。

当院の予防におけるこだわり

当院では予防に力を入れ、患者様の歯を1本でも多く守っていきたいと考えています。当院の予防におけるこだわりは、次のとおりです。

メインテナンス専用フロアの設置

メインテナンス専用フロアの設置

当院は2Fをメインテナンス専用のフロアとしてご用意しています。日当たりがよく心地よい空間で、治療の雰囲気を感じることなくリラックスしてメインテナンスを受けていただけます。

担当衛生士制の導入

担当衛生士制の導入

毎回決まった歯科衛生士が、メインテナンスを担当します。一貫して治療歴やお口の状態、傾向などを把握し、一人ひとりに適したより効果的なメインテナンスを可能にします。

予防経過の写真による確認

予防経過の写真による確認

メインテナンスを開始する前、開始後と、経過を写真撮影し、通常結果がわかりにくい「予防」の成果を経時的に確認できるようにしています。

「メディカルトリートメントモデル
(MTM)」によるメインテナンス

「メディカルトリートメントモデル(MTM)」によるメインテナンス

当院では後戻りできない状態になってから「歯を削り詰める」という処置を行うのは、単なる機能回復にすぎず、本当に適した治療とはいえないと考えています。大切なのは、歯の色がわずかに変わった初期虫歯のときに、即座に治療を行うことです。

それを可能にするために、日本語で「虫歯学」と訳される「カリオロジー」の考えを元に提唱された、「メディカルトリートメントモデル(MTM)」によるメインテナンスを行います。

»「メディカルトリートメントモデル(MTM)」についてくわしくはこちら

歯と全身を守る歯周病治療

歯と全身を守る歯周病治療

「歯を失う原因」が何かと聞かれたら、多くの方が「虫歯」だと答えるのではないでしょうか。確かに虫歯も歯を失う原因の一つです。しかしそれ以上に大きなトラブルといえるのが、「歯周病」なのです。実に日本人が歯を失う原因の第1位に挙げられています。

歯と全身を守る歯周病治療

さらに歯周病は、全身にも悪影響を与えることがわかっています。たとえば糖尿病や心疾患、肺炎、また早産・低体重児出産なども歯周病と深く関わっているのです。歯と全身を守るために、世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」で歯周病治療に取り組みましょう。

成人の約8割が当てはまる
「歯周病」「予備軍」

歯周病が、「日本の国民病」と呼ばれていることをご存じですか?「でもそれって、高齢者の話でしょ?」と思われる方もいるかもしれません。いいえ、実際にはもっと若い方にも歯周病は広まっています。

成人の約8割が当てはまる「歯周病」「予備軍」

ある調査では、日本人の成人の約8割が、「歯周病である」「歯周病予備軍である」という結果が出ているのです。歯周病はプラーク(歯垢)に棲みつく歯周病菌が出す毒素によって、歯を支えている顎の骨や歯ぐきが徐々に溶かされていく病気であり、放置すればいずれ歯は抜け落ちてしまいます。

そのような最悪の事態を防ぐためには、早期に治療に取り組むことが大切です。歯科医院で専門的なクリーニングなどのメインテナンスを受け、進行をストップさせましょう。

もっとも重要なのは「予防」です

もっとも重要なのは「予防」です

歯周病にかかってしまったら、できるだけ早期に治療に取り組むことが大切です。しかし歯周病は、一度かかってしまうと治療をしても必ずダメージが残り、再発しやすい状態になってしまいます。そこで、「なる前に予防すること」が重要になるのです。

歯周病は、一旦治療が終わった後にも定期的なメインテナンスが必要です。メインテナンスが継続できていれば、再発を防ぐこともできます。「歯周病には定期検診」と意識しておきましょう。