お子様の大切な歯を守る小児予防

お子様の歯は大人の歯よりももろいため、虫歯に感染するとどんどん進行してしまいます。痛みに気づいたときには虫歯はすでに進行してしまっているため、早めの治療が重要です。しかし、歯の健康のために何より大切なのは、虫歯にならないこと。虫歯治療は歯を削る必要があり、完全に元通りの状態に戻すことはできないためです。

「大切な子供の歯を守りたい」……。

これは、子供を持つすべての親の願いでしょう。一人では口腔管理ができないお子様のお口の健康を保つためには、親御さんの高い予防意識、確かな歯科知識が大切です。百瀬歯科医院では、お子様の歯の健康を守るために、親御さんと二人三脚で予防のサポートをしています。

なぜ、乳歯の予防歯科が大切なのでしょう?

噛む「よく噛める事は良い発育につながる」

よく噛む事で栄養の消化吸収を助け、食べる楽しみを覚える。噛む事の刺激が脳の発達に影響を与えます。

話す「正しい発音は良い歯が育てる」

前歯が一本無いだけで、サシスセソが発音しにくくなります。そのすき間をなんとかする為に舌が前に出る癖がつくと、発音がおかしくなるだけでなく、しゃべり方にも癖がつきます。

永久歯を正しく導く「乳歯の下では永久歯が育っている」

顎の中では毎日永久歯が成長し、顎そのものも成長しています。永久歯が成長すると乳歯の根は吸収されて短くなり、正しい場所に永久歯を導きます。

虫歯が出来ると子どもはそれを気にしたり、進行すると痛がったり噛めなくなったりと、いろいろ不都合が生じます。
それは顎の発達だけではなく、偏食や小食の原因になったり、また発音の影響や見た目が気になる事から消極的になるといった心の成長にも影響を与えます。

虫歯はあなたから?「感染の窓」について

虫歯は両親からの感染症である事が分かっています。

いつ虫歯菌はやってくるのか?

乳歯の生え揃う1歳半?3歳前後の間に虫歯の菌が定着します。この時期は色々な物を口にする様になる時で、主にお母様のお口の環境がお子さんに移りやすいと言われています。

この時期に感染を防ぎ、虫歯菌を遠ざける事で虫歯菌以外が縄張りをつくり虫歯になりにくいお口をつくる事が出来るのです。

年齢別!お子様の歯のケアについて

前歯が生えてきたら・・・(6~7ヶ月)

生後6・7ヶ月で前歯が生えてきます。
だ液の量が増えてきますので、ミルクや離乳食のカスはだ液によって洗い流されます。
生え始めの内は離乳食の後で湯冷ましを飲ませたり、ガーゼでそっと磨いてあげる程度で充分です。歯ブラシの感触に慣れる為、歯ブラシの「カミカミ遊び」をさせるといいでしょう。

Pick up! 夜間の頻回の授乳を避けましょう。

水分をスプーンやコップから飲む練習をしましょう。ガーゼみがきを中心に、徐々に歯ブラシに慣らしていきましょう。

前歯が生えてきたら・・・(~1歳)

だんだん上下の前歯がそろってきます。
上の前歯はだ液が届きにくく、一度ついた汚れは自然には落ちにくい場所です。

1日1回、機嫌のいい時に手早く磨いてあげましょう。きちんと磨く事よりも、まずは歯みがきに慣れる事が大切です。上の前歯の歯肉は特に敏感な所なので、無理にゴシゴシ磨いてハミガキ嫌いにならない様に気をつけましょう。

夜間や就寝時の授乳や、哺乳瓶でジュース等を飲む習慣もそろそろ止める事が虫歯予防には大切です。

Pick up!  寝る前の授乳は卒業しましょう。

哺乳瓶でジュースを飲むのも避けましょう。1日1回歯ブラシを口に入れましょう。

奥歯が生えてきたら(1歳頃)

離乳が完了する頃には乳歯の奥歯が生え始めます。奥歯はその形から汚れがたまりやすく、最も虫歯になりやすい場所です。この頃から歯みがきが実際に必要となります。
1日1回、出来れば寝る前の歯みがきを習慣づけましょう。親や兄姉などみんなで磨く所を見せてあげるようにすると、習慣作りがしやすいようです。

また、この時期は「感染の窓」といい、虫歯の原因となるミュータンス菌が定着しやすくなります。甘い飲食物を控えて、歯みがきの習慣をつけながらむし歯を予防しましょう。

Pick up! 1日1回は歯みがきする習慣をつくりましょう。

短時間で手際よく磨いてあげましょう。甘いものやお菓子はまだあげない方がいいでしょう。

奥歯が生えそろうころ(1歳半頃)

1歳半頃には乳歯の奥歯が上下噛み合う様になり、手前の乳犬歯も生えてきます。
おやつやジュースを取り始めると奥歯の汚れも増えてきますので、本格的な歯みがきを実行しましょう。

寝る前の歯みがきが基本ですが、歯みがきタイムの設定や、磨く姿勢、磨き方などその子に合わせた方法を工夫しながら、
あせらず習慣化をはかりましょう。

食生活に注意を払い、まずは自分で気が済むまで磨かせてから仕上げ磨きをしてあげることで、自分で磨く習慣をつくる事が大切です。

Pick up!  寝る前の歯みがきを習慣化しましょう。

子供が自分で磨こうとする意欲を育てましょう。食生活(特に甘いもの)に気をつけ、楽しい雰囲気で歯みがきをしましょう。

家庭でできる歯科予防、医院でできる歯科予防

家庭では・・・

1.口移しで物を与えない。スプーンや食器を共用しない。
2.スポーツドリンク、スナック菓子等は極力控える。

仕上げ磨きのポイント

前歯

前歯で汚れやすいのは、歯と歯ぐきの境目や、歯と歯の間です。
汚れが残りやすい裏側は、歯ブラシを縦にして磨くとよいでしょう。

上の前歯の表側は、唇をそっと押し上げて磨くのがコツ。歯ぐきに強く当てないように注意。
歯ブラシを直角に当てて、左右に細かく動かします。

犬歯

犬歯は、表面が大きくカーブしていて、両サイドの隅や歯ぐきとの境目に汚れが残りやすいので、歯ブラシを縦に向けて動かし、隅や境目に注意して磨きましょう。

奥歯

くぼみや歯と歯の間、舌や頬に接している面に汚れが残りやすいので、一番虫歯になりやすい歯です。
歯ブラシをきちんと当てるには、歯ブラシと同じ方向に指を入れ、頬の内側を持ち上げるとおくまで見えて磨きやすくなります。子どもの顔を包み込むようにするのがコツです。

歯科医院では

1.歯が生えてきたら歯科医院でフッ素を塗りましょう(年二回)
2.奥歯の溝にシーラントをしましょう。
3.3歳頃にだ液の検査を受け、虫歯菌の数を確認しましょう。
4.3ヶ月ごとの定期検診を受け、クリーニングを積極的に受けましょう。

小児予防を楽しんで受けていただくために

百瀬歯科医院では、小児歯科治療と小児予防の際に当院オリジナルの「でんたるのーと」と「スタンプシート」を使用しています。

これらは、お子様が歯科治療や予防に来た際に記録をつけるためのメモ代わりです。来院するたびにスタンプカードにスタンプが貯まり、すべて貯まったらご褒美をプレゼントしています(治療で1ポイント、予防で2ポイント)。

また、その他にも3ヶ月ごとにメインテナンスに来てもらっていたり、処置のために口腔内を見る前にじっくりお子様と会話をしたりしています。お子様が安心かつ楽しんで治療や予防を受けられるよう、万全の体制でサポートしますので、お気軽にご相談ください。

ご家庭でできる虫歯予防

デンタルフロスの使用
歯ブラシを使ったケアだけでは、歯の汚れは落としきれません。デンタルフロスを使ったケアも取り入れましょう。また、デンタルフロスを使用するのは寝る前だけという方もいらっしゃいますが、朝・昼も使うことが理想です。
キシリトールガムを噛む
キシリトールは甘味料ですが、砂糖とは異なり虫歯菌が酸をつくることができません。虫歯予防にも効果的なため、食後や就寝前にキシリトールガムを噛むことで、虫歯予防への効果が期待できます。

お子様のお口の健康を守るために大切なのは、親御さんの予防意識です。当院でもお子様の予防をサポートしますので、お気軽にご相談ください。

親御さんがしっかり予防することで、お子様のお口の健康も守ることができます

Hospital Information