インプラント・入れ歯

失った歯の機能を
回復させましょう

失った歯の機能を回復させましょう

失った歯に対する機能回復治療としてもっとも身近なものには、「入れ歯治療」が挙げられます。それに加えて近年注目されているのが、「インプラント治療」です。これは顎の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上に人工歯を装着することで、失った歯の機能を回復させる治療です。

失った歯の機能を回復させましょう

歯を失ったまま放置すると、歯並びや咬み合わせが乱れ、その結果顎から顔、そして全身のバランスまで乱すなど、さまざまなトラブルを招くことがあります。そのため、できるだけ早く適切な治療を行うことが必要です。

世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」では、精度の高いインプラント治療を行っています。歯を失ってしまったら、お早めに当院までご相談ください。

インプラントのメリット

MERIT 01
しっかり咬める
インプラントが顎の骨ときっちり結合するため、硬い物や粘着性のある物などもしっかり咬むことができます。食事を思う存分楽しめます。
MERIT 02
見た目が自然
部分入れ歯のバネのようなパーツもなく、まわりの歯と変わらない自然な見た目になるため、人目も気になりません。
MERIT 03
まわりの歯への負担がない
ブリッジで支えになる歯を削ったり、部分入れ歯のバネをかけたりといったことがなく、まわりの健康な歯に負担をかけません。

歯科用CTを用いた精密な診断が
欠かせません

歯科用CTを用いた精密な診断が欠かせません

インプラント治療の診断には、顎の骨の厚みや神経・血管の位置など、表からは見えない部分の情報が必要です。そこで、重要な役割を担うのが歯科用CTです。歯科用CTは従来のレントゲンによる二次元の画像ではなく、三次元での立体画像を取得できるため、精密な診断が可能になり、インプラント治療の成功率を高めることができます。

当院では医院内に歯科用CTを完備していますので、よりスムーズな診断が可能です。インプラント治療以外にも、根管治療の診断などにも使用しています。

長く使うために適切なメインテナンスを

長く使うために適切なメインテナンスを

インプラントは、埋めたらそれで終わりではありません。埋めた後にも、よい状態を維持して長持ちさせるためには、定期的に適切なメインテナンスを受けることが必要です。
なぜなら、人工物であるインプラント自体は虫歯にはなりませんが、まわりの歯ぐきや顎の骨は自然のままなであるため、メインテナンスを怠れば、歯周病と同じ症状の「インプラント周囲炎」を招いていますからです。
インプラント周囲炎が悪化すれば、せっかく埋めたインプラントも抜け落ちてしまいます。定期検診に欠かさず通い、インプラントをよい状態を維持していきましょう。

長く使える入れ歯をつくりましょう
~入れ歯~

長く使える入れ歯をつくりましょう

今お使いの入れ歯に満足していますか?この質問に、「はい」と答えられる方はどれだけいるでしょうか。それほど、入れ歯治療は難しいものだといえます。

世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」では、患者様の現在の状況やご希望をくわしく伺った上で、一人ひとりのお口に適したオーダーメイドの入れ歯をご提案しています。当院が大切にしているのは、単に見た目を整えるだけでなく、長い目で見て患者様にとってメリットの多い入れ歯をおつくりすること。じっくりと時間をかけて製作し、長く使える快適な入れ歯をご提供したいのです。

長く使える入れ歯をつくりましょう

当院では院内に歯科技工所を併設していますので、歯科技工士との密な連携がとれ、精度の高い入れ歯をおつくりすることが可能です。日々変化するお口に合わせて調整を重ねれば、入れ歯は長期的に使うことができます。定期的なメインテナンスを欠かさないようにしましょう。

当院の取り扱い入れ歯

  • マグネットデンチャー

    マグネットデンチャー

    残っている歯根と入れ歯の内側の両方に強力な磁石を取り付け、磁力を利用して固定する入れ歯です。今お持ちの入れ歯を使用することもできます。

  • コーヌスクローネデンチャー

    コーヌスクローネデンチャー

    歯根側に内冠、入れ歯の内側に外冠を取り付け、茶筒のようなしくみで固定する入れ歯です。取り外しも可能なため、お手入れ
    がしやすいのもメリットです。

  • 金属床義歯(チタン・コバルト)

    金属床義歯(チタン・コバルト)

    床部分が金属でつくられた入れ歯です。保険適用のレジン(歯科用プラスチック)床と違って床を薄くできるため、入れ歯自体が軽く、装着の違和感も少ないのが特徴です。