一般歯科

虫歯、気づかないふり
していませんか?

虫歯、気づかないふりしていませんか?

「虫歯治療が苦手」「怖い……」という方は、大人・子どもを問わずたくさんいらっしゃるでしょう。その一番の理由はきっと「治療時の痛み」ですよね。しかし虫歯は初期であれば、痛みもなく治療が可能です。治療時に痛みが出る場合は、“すでに進行しているから”なのです。

虫歯、気づかないふりしていませんか?

「歯が痛い」「冷たいものがしみる」といった症状が出たときには、すでに虫歯はかなり進行しています。もしこういった症状がありながら「気づかないふりをしている……」というなら、それは結果としてご自身を苦しめるだけです。ごくわずかな異変であっても、気づいたらできるだけ早く世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」一般歯科までご相談ください。

歯を大切にする虫歯治療~なるべく削らない・抜かない治療を~

歯を大切にする虫歯治療~なるべく削らない・抜かない治療を~

従来、虫歯になったら歯を削り、悪化したら抜く、という治療が当たり前のこととして行われてきました。しかし、そうした歯は大きなダメージを受け、二度と元に戻すことはできません。そこで当院では、「なるべく削らない・抜かない治療」を行っています。

歯を大切にする虫歯治療~なるべく削らない・抜かない治療を~

虫歯も進行段階や状態によっては、すぐに削ったり抜いたりするのではなく、経過を見るという選択肢もあります。また新しい治療法も登場しており、じっくりと検討することが必要です。

もし削ることになっても、「なぜ削るのか」を丁寧にご説明することを欠かさず、必ず患者様に納得していただいてから行います。治療後のメインテナンスのしやすさなどもふまえ、常に患者様の気持ちを大切にした治療をご提案します。

虫歯が全身にも悪影響を与える!?

虫歯が全身にも悪影響を与える!?

もし虫歯ができても、小さいうちは「大したことはない」と思われるかもしれません。しかし虫歯は決して自然治癒することがない病気です。放置すればどんどん悪化して、歯質を失い、激しい痛みに見舞われ、最後には食事や会話さえつらくなってしまうでしょう。

虫歯が全身にも悪影響を与える!?

さらに虫歯菌が血管や気管を通じて体内に入り込めば、心筋梗塞や動脈硬化、肺炎といった命にもかかわる全身疾患の原因になることもわかっています。虫歯は、決して軽んじてはいけない「大した」病気です。大切な歯、そして全身の健康を守るために、早めの治療を心がけましょう。

»「全身とお口の関わり」についてくわしくはこちら

悪化した虫歯を抜歯から
救うために~根管治療~

悪化した虫歯を抜歯から救うために~根管治療~

虫歯が悪化してしまったら、従来その歯は「抜く」という選択肢しかありませんでした。しかし歯とは、すべて生えそろっていることで「咬む」「話す」といった機能を働かせています。抜歯して失ってしまえば、さまざまな問題が招かれてしまいます。

悪化した虫歯を抜歯から救うために~根管治療~

そこで行うのが「根管(こんかん)治療」です。これは、虫歯菌に感染した神経・血管を根管という細い管の中から取り除き、根管の内部をきれいに洗浄・消毒して薬剤を充填する治療です。細かな根管に行う難しい治療になりますが、世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」では高度な設備を備えて精度の高い根管治療を可能にしています。根管治療は、お気軽に当院までご相談ください。

充実した設備で行う精密な根管治療

マイクロスコープの活用

マイクロスコープの活用~

根管は、歯根の中を通る細い管である上に、複雑に湾曲し、さらに枝分かれしているという特徴があります。そのため根管治療には高い技術が求められるのはもちろん、細かな根管をしっかりと確認し、確実に処置を行うための設備が必要です。

そこで当院では、肉眼の20倍以上に視野を拡大できる医療用電子顕微鏡「マイクロスコープ」を導入しています。根管を明るく照らしながらマイクロスコープで細部まで確認し、精度の高い根管治療を可能にします。

マイクロスコープの活用~

ほかにも、確実な根管充填のための「スーパーエンドα2」「スーパーエンドβ2」や、根管長測定器付きニッケルチタンファイル専用エンジン「ルートZ X mini」「トライオートmini」「デンタルポート」なども完備。充実した設備で、根管治療に取り組んでいます。

なお複雑な症例については、外部の専門医療機関と連携しご紹介するなどしています。

ラバーダムの使用で感染を防止

ラバーダムの活用

根管治療を成功させるためには、汚染された根管内を徹底的に洗浄・消毒しなければなりません。治療を行う際に、根管内に唾液や歯の削りかす等が入ってしまわないように、歯1本だけが出るようにして他の部分をカバーするのがラバーダムです。このラバーダムを使用することにより、根管治療の成功率をたかめ、再発のリスクも軽減することができます。

根管治療の流れ

STEP 01
感染部位の除去
STEP 02
根管長の洗浄・計測
STEP 03
根管内の消毒

STEP 1 感染部位の除去STEP 1 感染部位の除去

STEP 2 根管長の洗浄・計測STEP 2 根管長の洗浄・計測

STEP 3 根管内の消毒STEP 3 根管内の消毒

虫歯菌に感染した歯質を削り、神経・血管を取り除きます。 根管の内部をきれいに洗浄し、長さを計測します。 内部に細菌などが残らないよう、消毒します。
STEP 04
根管の密封
STEP 05
土台の構築
STEP 06
治療終了

STEP 4 根管の密封STEP 4 根管の密封

STEP 5 土台の構築STEP 5 土台の構築

STEP 6 治療終了STEP 6 治療終了

すき間ができないよう注意しながら、すみずみまで薬剤を充填します。 歯根に被せ物の土台を構築します。 上部に被せ物を装着し、治療終了です。