本物に劣らない「良い義歯」のススメ

これから入れ歯を使うことに不安はありませんか?
現在使っている入れ歯に不満はありませんか?

入れ歯に対して「合わない」「目立つ」「ズレる」といったマイナスイメージをお持ちの方も少なくないでしょう。しかし、それは過去の話。百瀬歯科医院では、患者様が違和感なく快適に使用できるオーダーメイドの入れ歯を作製しています。

まずは患者様のご希望や現在の状況をうかがったうえで最適なものをご提案しますので、お気軽にご相談ください。

保険と自費の入れ歯の違い

「保険と自費の入れ歯は、使っている素材が違うだけ」
このように思っている方もいらっしゃるかもしれません。確かに素材も異なるのですが、実はそれは大きな違いではないのです。本当に重要なのは、入れ歯作製にかける時間と作製技術の差。保険入れ歯と自費入れ歯では、作製時間と製作技術に大きな差があるのです。

高価な最新素材が患者様にとって最良とは限りません。当院では、単に見た目を整えるだけでなく、長い目で見て患者様にとって最良の入れ歯をご提案しています。じっくりと時間をかけて、患者様が長く快適に使い続けられる入れ歯をご提供できることが、当院の強みです。

取り扱い入れ歯紹介

入れ歯には、すべての歯を補う「総入れ歯」と一部の歯を補う「部分入れ歯」の2種類があります。当院では、患者様に合わせてどちらの入れ歯にも対応しています。

総入れ歯 部分入れ歯
すべての歯を補うための入れ歯。素材によって厚みが変わり、使い心地に影響する。 数本単位の歯を補うための入れ歯。支えとなる歯に負担がかかる。
マグネットデンチャー
入れ歯と歯根に専用の磁石を取り付け、磁力で固定するタイプの入れ歯です。周りの歯に負担をかけることがないほか、既存の入れ歯を使うこともできます。
コーヌスクローネデンチャー
残っている歯に内冠を被せ、それとピッタリ合う外冠付きの入れ歯を茶筒のフタのように装着し、摩擦によって固定します。
金属床義歯(チタン・コバルトクロム)
金属製の入れ歯です。保険入れ歯の約3分の1の薄さで作製できるため軽く違和感が少ないほか、食べものの熱が伝わりやすいというメリットがあります。

入れ歯が苦手な方、不具合を感じている方はインプラントも選択肢の一つです。

Hospital Information