キーリスク年齢に合わせた適切な予防ケアをおこないます

世田谷区砧・成城の小児歯科専門医院「歯列育成クリニック」が、お子さまの年齢に最適な虫歯や歯周病の予防方法をご紹介します。年齢に応じた正しいケアをおこなうことで、大人になっても健康な口腔内環境を保つこともできます。年齢ごとに予防するポイントを把握して、虫歯や歯周病のリスクを軽減させましょう。

キーリスク年齢に合わせた予防法

キーリスク年齢に合わせた予防法

キーリスクとは、ブラッシングがしづらく虫歯や歯周病になりやすい部分です。お子さまが成長していくにつれて、歯が生え替わり顎の形成や歯並びも変化していきます。年齢ごとに合った予防方法を実践することで、虫歯や歯周病のリスクを軽減できます。

年齢 知って欲しいポイント 予防方法
0~3歳の予防法
0~3歳の予防法
  • 両親からの口移しや同じ食器を使わない
  • 奥歯が生えてきたら、歯磨きの習慣をつける
  • 糖分が多いお菓子などの人工的な甘みではなく、果物などの自然な甘みを与える
  • おやつは時間を決めて与える
  • ガーゼで口の周りをふいて口の中を触れることに慣れさせる
  • 歯を磨く意識を持たせる
  • 卒乳の時期を延ばさない
  • フッ素塗布(歯が生えてきたら)
  • 唾液検査(3歳頃)
  • 定期検診
  • 両親の虫歯菌を減らす
4~5歳の予防法
4~5歳の予防法
  • 乳歯が真っ直ぐ生えているか確認する
  • 虫歯になりやすい第一大臼歯(6歳臼歯)が生えてくるので、ブラッシングやフロスを徹底する
  • 顎の発育をチェックする
  • 仕上げ磨きにフロスを活用すると虫歯のリスクが下がる
  • 定期検診
  • フッ素塗布
  • シーラント
  • ブラッシング指導
  • 食生活の指導
  • デンタルフロス
6~7歳の予防法
6~7歳の予防法
  • 第一大臼歯(6歳臼歯)は歯の溝にプラークが溜まりやすいのでブラッシングケアをおこなう
  • 上下の咬み合わせが整うまで時間がかかるので、咬み合わせを定期検診で確認する
  • 定期検診
  • ブラッシング指導
  • 食生活の指導
  • 唾液検査
  • 顎の発育チェック
8~11歳の予防法
8~11歳の予防法
  • 奥歯の溝に食べかすが溜まりやすいので、ブラッシングを徹底する
  • 磨き残しが多い奥歯の部分はフロスを通す
  • 歯の溝が深い部分にはシーラントなどで溝を埋めると虫歯のリスクが低くなる
  • 定期検診
  • ブラッシング指導
  • デンタルフロス
  • シーラント
  • 食生活の指導
  • 顎の発育チェック
12~15歳の予防法
12~15歳の予防法
  • 食生活や生活習慣を見直す
  • 永久歯に生え変わり始めるので虫歯になりにくくなるが、歯周病のリスクも増加するので、定期検診をおこなう必要がある
  • 定期検診
  • ブラッシング指導
  • 唾液検査
  • 顎の発育チェック
  • フッ素塗布
  • 食生活の指導
  • 口臭チェック
15歳以上の予防法
15歳以上の予防法
  • 完全に永久歯に生え替わるのでセルフケアを徹底し、定期検診を受診する必要がある
  • 定期検診
  • 生活習慣の見直し
  • 歯周病チェック
  • 唾液検査
  • 口臭チェック
  • 舌ガン検査

TOP PAGE