全身とお口の関わり

「お口」と「体」は
つながっています

「お口」と「体」はつながっています

虫歯や歯周病は、悪化すると大切な歯を奪う病気です。そして歯を失えば食事が難しくなり、栄養の吸収が悪くなって体に不調を来たし……。このような悪循環を招きます。またそれだけでなく、たとえば歯周病は肺や心臓、脳、さらに子宮など、全身に悪影響を及ぼすことがわかっているのです。

「お口」と「体」はつながっています

このように、お口と全身の健康は深くつながっています。世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」では、皆様のお口の健康維持をサポートすることで、全身の健康も手に入れていただきたいと考えています。当院で、健康な未来を手に入れましょう。

お口の病気と関わるおもな全身疾患

糖尿病 糖尿病と歯周病は深い関係にあり、互いに発症を招いたり、重症化させたりすることがあります。また、糖尿病治療によって歯周病の症状が改善されたという症例も報告されています。
肺炎 誤嚥(ごえん:誤って飲み込むこと)によって細菌が肺に入り込むと、肺炎を引き起こすことがあります。
心疾患 歯周病菌が血管に入り込むと血栓ができやすくなり、狭心症や心筋梗塞を引き起こすことがあります。また細菌性心内膜炎の原因も、お口の中の細菌だといわれています。
脳梗塞 血栓ができて動脈硬化が起きると、脳梗塞(のうこうそく)の原因になることがあります。
早産・低体重児出産 妊娠中はつわりやホルモンバランスの変化によってお口の中の環境が悪化し、虫歯や歯周病になりやすくなります。そして歯周病菌は子宮の筋肉に影響し、早産や低体重児出産のリスクを高めてしまいます。

口腔ケアが大切な理由

口腔ケアが大切な理由

お口の健康維持にもっとも大切なのは、口腔ケアです。お口の中を常にきれいに維持できれば、虫歯や歯周病も予防でき、食事をおいしくとることが可能になります。長い人生において、毎日の食事は健康維持のために必要なのはもちろん、大きな楽しみでもあります。食べたいものを食べられる幸せは、人生を豊かにするでしょう。

口腔ケアが大切な理由

体も、心も健康でいること。それは「クオリティ・オブ・ライフ(QOL)=生活の質」の向上につながります。口腔ケアをきちんと行うことで、誤嚥(ごえん)性肺炎も防止できます。これからの人生を謳歌するために、口腔ケアの重要性をしっかり理解しておきましょう。

口腔ケアのメリット

MERIT 01
食生活を豊かにする

MERIT 01 食生活を豊かにする

食べ物を咬み切って砕き、唾液と混ぜ合わせて飲み込むといった機能を維持し、食生活を豊かにします。

MERIT 02
お口まわりの骨・筋肉を整える

MERIT 02 お口まわりの骨・筋肉を整える

きちんと咬めることで、顎の骨や筋肉に刺激を与えて正しい成長を促し、バランスを整えることができます。

MERIT 03
脳の発達を促す

MERIT 03 脳の発達を促す

咬むことで脳に刺激が伝わり、老化防止につながります。歯を失うことが、認知症の発症につながるともいわれています。

MERIT 04
運動能力を高める

MERIT 04 運動能力を高める

正しく奥歯を咬み合わせ、咬みしめることで、運動能力が発揮されます。咬み合わせを維持することが大切です。
口腔ケアで得られる効果
  • 虫歯・歯周病などお口の病気の予防につながります。
  • 咀嚼(そしゃく)、摂食嚥下(せっしょくえんげ)といったお口の機能を維持し、快復させます。
  • 誤嚥性肺炎などの原因になる細菌を減らし、全身疾患の予防につながります。
  • 口から食事をとる「経口摂食」を可能にし、栄養の吸収を高めて全身状態を向上させます。
  • 「話す」機能を維持および回復させ、他人とのコミュニケーションをスムーズにします。