MTM STEP 7:メインテナンス

MTMの流れ
~ STEP 7:メインテナンス ~

患者様の口腔内について初期リスク評価を行い、それを元に予防プログラムを立案。そして応急処置、治療、メインテナンスといった流れを「MTM(メディカルトリートメントモデル)」といいます。世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」ではこのMTMを重視し、地域の皆様のお口の健康維持の実現に努めています。

こちらでは、当院のMTMにおける7回目のご来院、「STEP 7:メインテナンス」の流れをご紹介します。メインテナンスは、これ以降3カ月に1回のペースでくり返して継続することが必要です。

34

歯周精密検査(再評価)

歯周精密検査(再評価)

歯周ポケットの深さや歯ぐきの状態などを調べ、再度歯周病のリスクを調べます。

35

プラーク(歯垢)の染め出し

プラーク(歯垢)の染め出し

染め出し液を使って歯に残ったプラークを染め出します。正しいブラッシングが継続できているかをチェックします。

36

TBI(ブラッシング指導)

TBI(ブラッシング指導)

プラークの染め出しを行った結果をふまえ、正しいブラッシング方法を確認します。指導を受けた直後は意識して丁寧にみがくものの、日数が経つとおろそかになりがちです。そこで、定期的な指導が必要です。

37

PMTC/フッ素塗布(必要に応じて)

PMTC/フッ素塗布(必要に応じて)

ブラッシングをしても落としきれない汚れを、専用器具を使って丁寧に取り除きます。必要に応じてフッ素塗布を行い、虫歯に強い歯にします。定期的に行うことが大切です。

38

口腔内写真撮影

口腔内写真撮影

口腔内の変化を目で確認できるよう、1~2年ごとに撮影を行います。

39

レントゲン撮影

レントゲン撮影

さらにレントゲン撮影を行い、的確な診断を行います。

40

レントゲン検査のご説明

レントゲン検査のご説明

撮影したレントゲン写真を見ながら、現在のお口の状態についてくわしくご説明します。予防意識をしっかり持ち続け、お口の健康を維持しましょう。

41

データ入力

データ入力

この日に行った検査・処置内容をデータ入力します。今後もメインテナンスのたびに、検査結果などをデータで管理し、継続的に改善を図っていきます。これ以降も、欠かさずにメインテナンスを受けにご来院ください。