MTM STEP 1:初診

MTMの流れ
~ STEP 1:初診 ~

「MTM(メディカルトリートメントモデル)」とは、日本語で「虫歯学」と訳される「カリオロジー」の考えを元に提唱されたものです。初めに患者様のお口の中の初期リスク評価を行い、それに基づいて予防プログラムを立案。応急処置を経て、治療、定期メインテナンスへと進んでいく一連の流れがMTMです。

世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」では、このMTMを重視して予防プログラムを確立し、地域の皆様のお口の健康と美しさを維持するサポートに取り組んでいます。こちらではMTMの流れのスタートとなる、初めてのご来院時「STEP 1:初診」をご紹介します。

1

受付

受付

ご予約の日時にご来院いただき、まずは受付をおすませください。初診時には問診票へのご記入をお願いしておりますので、少し早めにご来院いただけますと幸いです。

2

歯科衛生士による問診

歯科衛生士による問診

問診票の内容を確認しながら、現在のお口の状態についてくわしくお伺いします。どんな些細なことでもかまいませんので、気になっていること、不安なことなどありましたら、何でもお話しください。

3

口腔内写真撮影

口腔内写真撮影

お口の中の写真撮影を行います。初めに写真を撮っておくことで、後で治療や予防メインテナンスの効果を比較して確認できます。

4

歯周病検査

歯周病検査

歯周病の進行状況を調べる検査を行います。歯周ポケットの深さや歯のぐらつきの度合い、また歯ぐきのはりや歯周ポケットの中のプラーク(歯垢)・歯石の有無などもチェックします。

5

歯科医師による診査

歯科医師による診査

歯科医師が診察を行い、お口の中の状態を確認します。強い痛みや腫れといった症状が見られる場合には、この日のうちに応急処置を行います。

6

担当歯科衛生士のご紹介

担当歯科衛生士のご紹介

担当の歯科衛生士をご紹介します。当院では毎回決まった歯科衛生士がメインテナンスにあたる、担当衛生士制を導入しています。一貫して患者様の状態を把握できることで、より効果的な処置が可能になる点がメリットです。

7

応急処置

応急処置

すぐの対応が必要な症状がある場合には、応急処置を行います。

8

データ入力

データ入力

この日に行った検査結果ほか、お口の中の状態などのデータを入力します。これらのデータを元に、一人ひとりに適した予防プログラムを作成します。今後は担当の歯科衛生士と一緒に、だ液検査から治療、メインテナンスと進めていきましょう。