歯科衛生士の役割

歯科衛生士がお口の健康維持を
サポートします

歯科衛生士がお口の健康維持をサポートします

世田谷区砧の歯医者「百瀬歯科医院」では、予防に重点をおいた診療を行っています。予防には、定期検診での専門的なメインテナンスが欠かせません。当院では、メインテナンスを口腔衛生の専門家である歯科衛生士が担当します。こちらでは、歯科衛生士の仕事や役割などをご紹介します。

歯科衛生士の仕事とは?

歯科医院に行くと、歯科医師のほかに、歯科衛生士や歯科助手などのスタッフがいます。その中の歯科衛生士の仕事をご存じですか?歯科衛生士は、患者様に対して直接予防処置や保健指導を行ったり、歯科医師の横で診療の補助を行ったりするのが仕事です。この、「予防処置」「保健指導」「診療補助」が、歯科衛生士の三大業務といわれています。

予防処置

予防処置

歯や歯ぐきに異常がないかチェックするほか、専門的な器具を使ってプラーク(歯垢)や歯石を除去するクリーニングや、虫歯予防の効果があるフッ素塗布を行うなどします。
保健指導

保健指導

口腔ケアの専門的な知識を元に、保育所や幼稚園、小学校といった場所でブラッシング指導を行います。近年では、高齢者施設などで行うことも増えています。
診療補助

診療補助

歯科衛生士は、患者様のお口に直接触れることができます。診療台のそばで、歯科医師の診療をサポートします。

歯科衛生士・歯科助手どう違う?

歯科衛生士・歯科助手、どう違う?

一見、歯科衛生士と歯科助手の見分けは難しいかもしれません。しかし実際にはこの二つの仕事には大きな違いがあるのです。

そもそも歯科衛生士とは、歯科衛生士法に基づいて与えられる国家資格です。資格取得には、定められた就業年数や時間数、必修学科目があり、取得した者は医療人として業務にあたることができます。

歯科衛生士・歯科助手、どう違う?

それに対し歯科助手は資格ではなく、医療を行うことはできません。これが、歯科衛生士との大きな違いだといえます。そのため歯科助手として実際に働いてから、より自分の力を高めたいという想いで歯科衛生士を目指し、学び直す人も少なくありません。歯科衛生士は、それだけ専門性の高い職業だといえます。

向上心の高い歯科衛生士が対応
します~当院の歯科衛生士~

当院では、向上心の高い歯科衛生士が、皆様のお口の健康維持をサポートしています。当院の歯科衛生士の特徴は、次のとおりです。

特徴 01:「頑張り屋さん」がそろっています

特徴1 「頑張り屋さん」がそろっています

当院の歯科衛生士を一言で表すと、それは「頑張り屋さん」。口腔衛生や予防について学ぶ勉強会や学会に数多く参加しており、また院内でも週に一度、予防と歯周病についての勉強会・症例鑑賞会を行うことで、さらに知識の向上に努めています。

また2週間に一度、知識・経験の豊富な大ベテランの歯科衛生に来院してもらって指導を受けたり、歯科衛生士としての目線によるお話を聞いたりして、常にスキルアップを図っています。

特徴 02:患者様にとってもっとも
身近な存在になるために

特徴2患者様にとってもっとも身近な存在になるために

歯科医師は、一度悪くなった部分を治療すれば、それで患者様との関わりはストップします。しかし歯科衛生士は、治療後のよい状態を維持するために、定期的にメインテナンスを行い、長期的に患者様と関わっていきます。つまり、患者様のお口の健康にもっとも大きな役割を担っているのは、歯科衛生士なのです。

当院では、患者様にとってもっとも身近に関わる存在となる歯科衛生に対し、患者様とのコミュニケーションをしっかりとり、信頼される歯科衛生士になってほしいと考えています。また全般的な診療を行う歯科医師と違い、歯周病治療の基盤となる口腔ケアにあたるため、歯周病については歯科医師と同程度の知識を持っていてほしいと思っています。

特徴2患者様にとってもっとも身近な存在になるために

歯科医師にできるのは「治療」だけです。そして治療は、予防のステージに上げる下準備でしかありません。その後患者様と長くおつき合いしていくのは歯科衛生士であり、つまり歯科衛生士こそが主役だといえるのです。

どうぞ当院の歯科衛生士にお口の健康維持をおまかせいただき、いつまでも元気に笑って生活していきましょう。