診療の流れ MTM -メディカルトリートメントモデル-

MTM(メディカルトリートメントモデル)とは患者様の口腔内の様々な面からリスクを評価し、それに見合った予防プログラムを立案し、効果的に予防を進める取り組みです。当院ではこのプログラムを推奨しており、地域の方の口腔環境を清潔に保っています。

小児歯科についてはこちら 小児歯科専門医と矯正歯科専門医が連携し、健康なお口づくりを目指します!

予知性のある医療 the prediction of result

実は治療を受けたことがない状態が最も虫歯になりにくく予知性の高い状態です。
修復を行った場合、わずかなすきまが細菌の生息地になってしまい、再治療の要因になるのです。高精度の処置、定期的な健診を受けることで初めて予知性が見えてきます。

機能が形態をつくる form follows function

前歯なら美しさや発音機能の調和、奥歯なら咬みやすさや磨きやすさ、入れ歯なら若々しいお顔を取り戻し、しっかり咬めるように…と最高の機能をもたせることを追求すると、最適なカタチ・設計が見えてきます。

リスクをコントロール、ニーズに応じたメインテナンス risk control and maintenance

誰ひとりとして同じ歯並びの人はいません。さらに虫歯、歯周病のリスクは年齢ごとに一本ずつ異なります。ひとりひとり、一本一本のニーズに応じた適切なメインテナンスが長持ちの秘訣です。器械の当て過ぎもかえって歯を痛める結果になってしまうのです。

百瀬歯科医院の理念

目標

  • 1. 5歳時でカリエスフリー90%以上を達成する。
  • 2. 12歳時でカリエスフリー90%以上を達成する。
  • 3. 20歳成人でカリエスフリー90%、歯周病の
    無い状態を達成する。
  • 4. 新たなう蝕、歯周病の発症をコントロールし、
    70歳時の平均欠損歯数を5本以下にする。
  • 5. 歯・口腔の健康を通じて、生涯にわたる健康な生活を
    サポートする。

百瀬歯科医院のミッション

  • 1. 来院されるすべての患者に対し、生涯にわたり歯を守るために
    必要な歯科医療を提供するためのシステムを構築する。
  • 2. 地域においてより多くの人々にメンテナンスの重要性を伝え、
    予防に必要な情報を発信する。
  • 3. 歯科医療を志す歯科医師・歯科衛生士に予防歯科の可能性を
    伝え、口腔の健康を守る事ができる人材の教育を行う。
  • 4. 百瀬歯科医院における臨床データを蓄積し、分析する事で
    メンテナンスにおける予防効果を公開する。
  • 5. 通院困難となった高齢者に対し、在宅歯科診療を通じ生涯に
    わたり口から食べる行為に我々が出来うる限りの支援を行う。
  • 6. 在宅療養における歯科医療の重要性を啓蒙し、地域に全ての
    要介護高齢者が適切な口腔ケアを受けられる事が出来る
    システムを構築する。

予防歯科を考えてみませんか?

成城・砧の医療社団法人 百瀬歯科医院は従来型の治療主導型クリニックから、予防主導型クリニックとして皆さまの歯の健康を維持・増進するために、「削らない・抜かない」から
「削る必要が無い・抜く必要がない」歯科医院作りに日々取り組んで参ります。

いつまでも、自分の歯が輝く素敵な笑顔を保ちたい

そう願う皆さまを、私達はお待ちしております。

成城・砧 百瀬歯科医院スタッフ一同

WHO(世界保健機関)によると、「健康」とは次のように定義されています。

「健康とは身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、単に病気あるいは虚弱でないことでない」

1970年代以来の「虫歯の洪水」と呼ばれた時代、この「病気」を治療(修復)する事に対して主眼が置かれ、患者さんの意識も「痛くなく噛めれば健康だ」という物であったのが日本における歯科治療に対する認識でした。
しかし、「歯周病と糖尿病、心疾患等の全身疾患」「咀嚼機能と栄養状態」「口腔ケアと誤嚥性肺炎」等の関連性が明らかになっている現在、「健康の入り口、魂の出口」と言われているお口の健康に対して、我々歯科医師が担うべき役割は大きく広がっていると百瀬歯科医院は考えています。